ジョイフルセッション/司会者に日高憲男氏

e0355381_11313129.jpg
10/31佐脇武則ジョイフルセッションの 
司会者兼セッションリーダーとして、日高憲男氏に来ていただくことになりました。 
ご期待ください。勿論🎺ランペットを吹いてくださいます。
 
 
日高憲男 プロフィール 18歳で渡米し、シカゴ交響楽団のマーク・ライデナー氏に師事。 
グランドフォークス・ソロコンテスト優勝など輝かしい成績を遺す。 
留学4年目頃からジャズを始める。 
シカゴ音楽大学を首席で卒業。 
2000年5月に帰国。 2003年12月1st・CD「Still in my Heart 」をリリース。 
Euro Jazz Festival 2003に出演し、カーリン・クロッグ(Vo)、 
ウラジミール・シャフラノフ(P)等と共演し、絶賛される。 
日本のジャズの大御所、北村英治、日野皓正、故ジョージ川口、と共演。 
2008年8月20日、2nd CD 「Nothin'To Lose For You」をリリース。 
オーディオディスク大賞2009/ボーカル部門にて、日本人初の入賞を果たす。

by hareruyaiza | 2015-10-17 11:21 | JAZZ